できない自分、不調な自分も許して受け入れる

投稿日:2019年7月7日 更新日:

最近、精神的、肉体的に不調を感じている人いませんか?

かくいう私もそうで、夏至の前から腹痛とか気持ち悪さとか、脈が速くて苦しいとか、いろいろ出てます。

過去の記事に書いたように、地球ドラマをまだやりたかったとか、苦しいとつい握りしめてしまうとか、いろいろ思い当たることはあって、そのたびに対処して、一気に元気いっぱいになったり、また体調不良になったり、っていうのを繰り返してるんですよね~~。

正直、やれることはやってるし、なんでこんなにしつこいんだろ?ってちょっと嫌気がさしてたところもあったんですが( ;∀;)

そんな時にまた一つ気付いたことがあって。

私たちがこれまでいた周波数の世界は、思っていたよりずっと重かった

まず一つはこれ。私たちは今までずっと制限まみれの3次元の重たい世界で生きていたわけですが、少し意識が上がってきた今の状態から見ると、その世界って想像以上に密度がぎゅうぎゅうで狭くて重たい世界だったみたいです。

そういえば子供の頃に時々、身体が痺れてるような感覚と一緒に、すごーくもったりとして重たい感覚をふいに感じることがありました。

重たくて重たくて、思い通りに動かせない感じ。まるで、ねっとりしたジェルが分厚く身体にまとわりついているみたいな感覚でした。

その後も瞑想中にその重さを感じることもあったんだけど、あれってこれまでの3次元の密度と重さを感じていたんだ~。と思いました!

それにしても、渦中にいた時には、それを感じる部分を麻痺させてきたので、まさかこれほどまでに重たくて狭い世界だったなんて、とびっくりするほど。

なので意識の方は先に周波数を上げられても、肉体の周波数を上げるのには、時間がかかっていたみたいなんです。肉体と意識の周波数に少しずれが出ていたみたい。

意識と肉体のギャップとズレで、気持ち悪かったり苦しかったりしたんだ、ってことでした。

そして、肉体の調整を今していて、少し待っていてほしい、心配はいらない、というメッセージをもらいました。

人類の集合意識に深く根差している重さも出てきているから

あとは、アセンションに向けて、やっとこれまで見ることすらできなかった、向き合うことすらできなかったような、深い深ーーいところに眠っていた重さが、解放されるために表面に浮かび上がってきている、というのもあるみたいです。

何億年とか人類の遺伝子の核に蓄積されてきた、怒り悲しみ苦しみ、また、人類が創造されたときにインプットされた、支配や隷属の埋め込みなんかも、今は簡単に手放せるタイミングだから。

不調な自分も許す

そして一番がこれでした!

やっぱりあった、自分を責めちゃう自分。

こんなに真摯に目醒めに向けて集中しているのに、こんなふうに不調になったり調子よくなったりアップダウンしてしまう私を、どうしても情けないとか、ダメだ、なんて裁いて、責めてしまう私がいたんですよ~~。。

過去にあんなに自分のこと二度と責めない、いつだって私は私のこと、認めて受け入れて、味方でいるから、って決めたのに(笑)。

でも、いつの間にか完璧でいられない自分を責めちゃっている自分に気付けたから、「不調でもいいや、苦しい時はしゃーないよ!気楽にやろう!」と思ったら、すごく心が軽くなりました(*´꒳`*)

そして重さを解放するために、自分の腑に落ちたいろんな動画やサイトで紹介されていたワークも使わせてもらいました。

自分の体験する現実はぜんぶ自分が創っているから、自分がピンとくるワークなんかもハイアーセルフからのメッセージと言えます。

もちろん、そういった発信をされている方々にとても助けられているし、ほんと~~にいつもありがたく思っています♡

この前見つけたこちらの「アセンションコード」を自分で書いて読む、というワークもとても面白かった!惹かれる方はぜひ(*´꒳`*)

※概要欄に貼ってあるリンクに数字と英語が書いてあるコードがあるので、それを自分でノートとかに書いて、声出して読んでみるだけ。

やってみて感じたのは、自分の声で読むことで、他の存在が埋め込んだコントロールを自分で削除する、って宇宙(自分)への宣言になって、誰かに支配されるっていう現実を創らないようにすることができるんだな、って思いました。

なので、心の底から「私は誰にも支配されない、私が私の宇宙の創造主であり、神なんだ」って思えるなら、それでもうOKなんだと思いました(*´꒳`*)

何万とか何十万も支払わなければ、大切なものを受け取ることができなかった昔と比べたら、ほんとに光溢れる素晴らしい世界になったな~~~と思います。







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

-目醒め
-,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.