浄化が強くて苦しいのは抵抗してる時

投稿日:

宇宙からのサポートのエネルギーがたくさん降り注いでいて、本当ならその後押しでもっと楽に、もっと本当の自分に帰っていけそうなのに、逆に体調や精神の調子が悪くなって苦しい時ってありますよね。

私の経験では、そういう時は自分が抵抗してたからでした。

せっかくの宇宙からの応援のエネルギーを、100%心を開いて受けとってなくて、半分心を閉じていたり、自分の中から出ようとしている古いパターンを手放すことに抵抗してたりして、

宇宙のサポートを受ける事に、100%同意してない時、心や身体の不調という形でひずみが出ました。

何かしら不調が現れるってことは、もう今まで使っていた古い周波数をいよいよ手放す時が来て、この先もっと制限のない本来の自分に戻れるんだよ、ってことだから、本当はすごく嬉しいことなんだけど、

ほんの少し先のその嬉しい未来よりも、今の苦しさの方にフォーカスしちゃって握りしめてしまっていると、不調が長引いてしまいます。

握りしめるつもりがなくても、目の前の出来事や苦しさにフォーカスしてしまうと、自分の中から出ようとしているパターンを手放さないでいるってことになっちゃうんですよね。

ある時、宇宙からのサポートのエネルギーがすごいな、って時に私は身体の調子が悪くて、調子悪いことにばかり集中しちゃっていました。

で、ふいに、

「あれ、せっかく今みんながすんごい私を助けてくれようとしてるのに、私、苦しい方ばっかり見ちゃって、助けを拒んでるんじゃない?」

「ちゃんと受け取ってないんじゃん、え、これってもんのすごくもったいないよね!?」

「苦しさより、今のこのすごい応援のエネルギーとか、この苦しさ手放したらもっと私軽くて自由になるって方に集中してたらいいんじゃん!」

と気付いたら、ぱあああっと心が軽くなって嬉しくなってきて、

それから身体の不調もすぐに治ってしまいました。

不調って好転反応とか言いますが、別にあえて不調にならなくてもいいわけなのですよ。本来は。

なんの痛みも苦しみもなく、すっと軽やかに手放したり、受け取ったりというのが、本来の私たちのあり方なので、これからはそういう本来の軽やかなやり方に慣れていきましょうね、

という気づきでした。







-未分類

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.