お盆はご先祖だけじゃなく自分の過去世も昇華する時期だった!

投稿日:2018年8月16日 更新日:

典型的なパニック発作の原因が過去世にあった!

お久しぶりですstarrayです(*ˊᴗˋ*)੭ ੈ

最近は他のことに夢中になっていまして、スピリチュアルな記事はお休みしていました~。が、今日は何ともびっくりしたことがあったので、久々に記事を!

このブログに書いたことがあったかちょっとあやふやなんですが、私は下の娘妊娠中の30代の時に、ひどいパニック的発作で苦しんだことがあったんですよ。3ヶ月くらいはそりゃもうむちゃくちゃ苦しかったです。

で、3ヶ月過ぎた頃からすごく楽になって、その後は発作が出る事は無くなったんです。ですが、ほぼ毎年お盆の時期になると、胸が詰まった感じで息苦しかったり、狭いところに閉じ込められて出られない!って恐怖が突然湧くことがありました。

昔みたいに何か月も続くわけじゃなくて、お盆の数日少しそんな感じになるくらいだったんですが、いったいこれって何なんだろう?とずっと不思議でした。

それが出て来る条件みたいなのがあって、蒸し暑いような場所、季節で(だから起こるのは大体夏)空気の流れが無くて、自分の意思では出られないとか、移動できないシチュエーション。

そういう条件がそろうと、息が出来ない、苦しい、死んでしまう!って尋常じゃない恐怖心が湧いてきて、全身の毛孔が全開するみたいな感じになります。

身体のあちこちにしびれるような電流が走る感じと共に。

典型的なパニック障害の症状ですよね。

それが今日のお昼にですね、久々に来まして。インドカレーを食べた後に何とも苦しくなって来まして、腕のあたりにビリビリと痺れるような感じとともに、逃げたいのに逃げられない!みたいな恐怖心がざわざわーーっと出て来ました。

いつもだったら割とすぐに消えるんですが、今日はそれがなかなか消えず、めまいはするし、同じ家の中でいつもの日常を送っているのに、いままでとは全然違う次元にいる感じ。

ちょうど外出先だったので、く、くるしい~~!と久々に苦しみましたが、何とか車を運転して家に戻りました。

その帰路の途中、なんでいつもこんなに苦しいんだろ?これって絶対今生のじゃないよな?何があったんだ?天使さん教えてよって思ったんですが、ふと「釜茹で」って浮かびました。

「え?過去世で釜茹でに遭ってそん時の苦しさが出てるの?」って思ったら、その時すれ違った対向車のナンバープレートが7777。

7は肯定とか正しい道にいますよ、って印なので、やっぱそうかなと思いながらも、

「じゃあこれが本当ならもう一回7777を見せて!」って頼んでみました。

そしたら、その後少し走ったらいたんですよ、対向車に7777が。さすがに目の当たりにすると「マジか!」って鳥肌立ちました(笑)。


その後、思い浮かんだのは、「釜茹でになる」って体験をすることを決めて生まれたけど、身体にいない時にはそれがどんなに苦しいかなんて実感がなかった。でも実際に体験してみたらあまりにも苦しくて衝撃過ぎた。あまりに苦しいから助けて!って神に助けを求めたのに助けて貰えなくて神も恨んだ。とにかくその時の苦しさがすさまじかったみたいです。

確かに私のなかには神に対する憎しみ、というのもあって、どうせ助けてくれない、何にもしてくれない、神なんかいない、という絶望感みたいなのがあったんですよ。

で、そっかーなるほどなあ、と家に帰りついたんですが、なかなか苦しさが消えない。いつもと違う次元にいる感覚も戻らなかったんですが、お風呂に入ったときにふと思いついて、

「私があなたを助けてあげるよ。もうあなたは二度とそんな苦しみを味あわなくていいんだよ、もう光の源に還って永遠に幸せでいていいんだよ」

とその時の自分に語りかけました。ありがとう、ありがとう。と聞こえました。

そして、お風呂から出た後に乾燥セージに火をつけて、天使や女神たちにお願いして、その時の自分を癒して永遠の愛と至福の源に連れて帰ってくれるように頼みました。

さらに思いついて、ご先祖様たちもみんな、光の源に連れて帰って貰いました!

セージを自分の体の周りにぐるぐる回しながらしばらくそれをやっていると、すごく軽くなって、今までの恐怖で時が止まっていた次元が、軽く明るい次元に変わったのが分かりました。

そして、ふいに「ああ魔女狩りだ」と浮かびました。魔女狩りで釜茹でされるとかってあったの?と思って調べてみたら、やっぱりそういうことも行われていたみたいです。

お盆って、やっぱり成仏できない人が光に還ったりしやすい時期みたいで、それは自分の中にある閉じ込められていたエネルギーや、過去世のトラウマなんかも同じなんだ~!って驚きな体験でした!

毎年お盆に何かしら出ていたのは、次元のはざまに置いてきぼりになっていた自分自身の、魂の故郷に帰りたい、っていう訴えだったんですね。

ちなみにすべての人が、自分自身のことは聞いたら何でも自分で分かります!

それは直観だったり、ぱっと目に飛び込んできた文字や、耳に入ってきた誰かの会話だったり。

その時に大事なのは、そういうぱっと気付いた思いや目に入ったものを、信じて受け入れること(*ˊᴗˋ*)੭

それにしても、長い間自分のなかで閉じ込められていたエネルギーが故郷に帰ることができて、本当に良かったです!







-心の仕組み
-,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.