深く呼吸しやすい身体にする方法

投稿日:2018年7月5日 更新日:

なぜかこのブログで一番読まれている記事がこれ↓それだけストレスで呼吸が浅くなってる人が多いのかなーっと思います。

呼吸が浅い人のための真の腹式呼吸のやり方

そこで今回は追加で、私がやってみてめちゃめちゃ良かったことをシェアしようと思います!

真の腹式呼吸をしようとしても、そもそも呼吸のための筋肉が萎縮しちゃっていて、思い切り深く息を吸えない人や、

いつも気付くと猫背になっていて胸が閉じちゃっている人、

朝起きると腰が痛い、肩が痛い、一晩寝ても疲れが取れない人にもぴったり!

ジムに行かなくても家で10分やそこらやるだけで、簡単に柔軟な呼吸しやすい身体にチェンジして、超おすすめです(*ˊᴗˋ*)੭ ੈ

私がやっているのは、ストレッチポールを使って身体をほぐすこと。

こういうの↓

これは人生で買って良かったものランキング10位に入りますねー。

やることは簡単で、この上に寝っころがって両足を軽く立てて、左右にゆらゆらしたり、両手を床に付けてパタパタ飛ぶ動きをするだけ。

でもポールを使わず同じ動きをしても緩められない、身体の内側の筋肉を緩めることが出来るんですよね。

それになによりストレッチポールに乗ってるだけで、胸が大きく開くのでむちゃくちゃ呼吸しやすくなります。 

そして、このストレッチポールに乗った状態で、腰をドローイン(腰とストレッチポールの隙間をなくすように、腰をポールに押し付ける)した状態で、真の腹式呼吸をするとうまく呼吸できるんですよね。

しかも反り腰も改善するというおまけ付き。

私も以前反り腰で、床に寝た状態で腰のところに手を入れると、握りこぶしが入っちゃうくらい隙間があいてました(;゚д゚)

反り腰で何が良くないのかってーと、とにかく腰が痛いんですよねー。。それも鋭い痛みではなく、凝ったような鈍痛で、長時間立ってても、朝起きた瞬間も、すでに腰が痛い毎日でした。

それがストレッチポールで10分かそこらストレッチするだけで、見事になくなりました。

呼吸が楽に出来るようになると、お腹の底から声も出ますよ(ᵔᗜᵔ*)

私はストレッチポールしたあと、よく歌ってました(笑)。

自分の心をちゃんと観て気付く、そして思い込みを解放する、それと同時に身体の方もちゃんといたわってあげると、現実はより早く変わります。

なにより、身体をストレッチすると気持ちいい~~ですからね!

ぜひぜひやってみてくださいね~。

ちなみにストレッチポールの正規品には、ストレッチのDVDが付いてますし、効果的な使い方の動画も巷にいっぱいありますよ♡







-おすすめアイテム, 身体・健康
-,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.