過去世やパラレルワールドの自分

投稿日:2017年12月23日 更新日:

過去世の自分って今の人格の自分とは別人なんですよね。

そして、連続した時間の繋がりがあって、過去から今、未来、ってなってるわけじゃなくって、今この瞬間にすべて存在している、って感じです。

なんというか、体全体を認識した状態が、本来の自分自身(大いなる自分)だとしたら、過去世やパラレルワールドのそれぞれの個人って、手とか足とかのパーツって感じ。

そんでもって、手とか足とかは、他のパーツを自分自身とは別人格と認識しているけど、体全体としては全部自分、って認識している感じです。

そしてそのすべての生が今ここに全てあって、大いなる自分が中心にいるとすると、そこからウニのトゲトゲが四方八方にぴーーーーっと出ててその先端がそれぞれの人格を持って生きてると思ってる、って感じです。

ウニだとちょっとアレなら、太陽があって、そこから放射状に光の線が伸びていて、その光の線1本1本が、それぞれの人格って感じですね。

うん、こっちのが綺麗だな(笑)。

で、過去世のことを覚えているとかパラレルワールドの自分のことを感じるっていうのは、今の自分に必要があって、過去世の人格、別バージョンの自分とリンクしているんですねーーー!

どーですか、ピンと来ますか?イメージ湧きますか?

何か読んだり見たり聞いたりした時に、自分がピンと来たり、イメージが湧いたら、それはあなたにとって真実ってことです。

そうじゃなかったら、受け取らなくていいんです♡( ´ᗨ ` )◞

で、自分の意識を拡大させていくと、宇宙視点でいろんなことを認識できるようになります。

光の線の先からツマミをぐいーーんと太陽の真ん中に持ってく感じですね。

その視点だと、他のすべての線(人格)も自分自身だし、死んだら別れ別れになるっていうのは幻想で、今も全てがここにあるんだな、って認識できるようになります。

直観がひらめく時っていうのは、この宇宙視点になっているときです。

ほんの一瞬でもこの視点に意識が拡大すると、ひらめきのように一瞬で色んなことが分かります。

そして、ひらめきを受け取るにはどうしたらいいかというと、

  • 自分の感情を無視しない。
  • 自分の感情を善悪の判断なしにただ観る。
  • 答えを知りたいと求める。

ってことが大事です(*´꒳`*)

おもしろいですよねーー☆

ってことで、過去世の自分っていうのは、別人格ですが、リンクがあるならお願いすると、その当時のスキルも今使えるようになりますよ☆

しかしながら思い出さない時は必要ないってことなので、執着しすぎず、楽しんでやってみてくださいね~(*´꒳`*)







-心の仕組み
-, ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.